vis

海洋散骨のメリット・デメリットAdvantage & Disadvantage

海洋散骨を選択される方に、
注意していただきたい事柄を説明いたします。

海洋散骨のメリット

経済的メリット

日本では、伝統的に、代々のお墓を守り、自分の亡き後は後の世代に守っていってもらう形で、お墓を維持してきました。
しかし、昨今では、墓地を維持するための金銭的な負担や、お墓の管理会社が倒産するなどにより、お墓の維持が困難になっているケースがあります。
適切に墓じまい(改葬等)を行う事で、金銭的な負担から解放されたという声もいただいています。

親族へのメリット

お墓の管理をする世代が、就職等で都市部で生活している場合など、お墓の維持・管理が困難になるケースが増えています。
遠方の親族に、お墓の負担を掛けたくないとお考えの方や、後継者が不在のため、将来的にお墓の維持管理ができなくなるため、
墓じまいをし、散骨を選ばれる方が増えています。

ご自身の意志

死後、代々の墓に入りたくない、自分の愛する海へ還りたい等、自分の死後の在り方をお考えになり、海洋散骨を選択されるケースもあります。
遺言などで、散骨の意思表示をし、依頼することで、実現されます。

海洋散骨のデメリット

ご本人、ご遺族の方々皆様が納得された上で行われる散骨については、特にデメリットはございません。
そのため、海洋散骨をご希望、実施されるにあたり、大切な方々のご理解は必要です。

注意事項

お墓がなくなることについて

墓じまいをすることで、お墓はなくなります。散骨を行う事で、ご遺骨はもう戻ってきません。
そのため、しっかりお考えになり、決めていただく必要があります。

お墓を残したまま、一部を散骨するといった方法もあります。

親族間の考え方や、地域の風習など

親族全員が海洋散骨に賛同されるというのも、実はあまりありません。
そのため、なぜ墓じまいをする必要があるのか、なぜ海洋散骨をするのかを決めていただく必要があります。
また、ご自分の亡き後、大切なご遺族が争う事にならないためにも、遺言等でその意思表示をしておく必要があります。

上部へスクロール